【2024年版】ロリポップのおすすめプランをわかりやすく解説!

レンタルサーバー

※当ブログはアフィリエイト広告を利用しています。

スザク

ブログ歴10年。これまでに多くの失敗と挫折を味わい、現在はプロブロガーとして活動中。これまでの経験を活かし、ブログやレンタルサーバーの情報を発信しています。
是非、ご参考下さい。

スザクをフォローする

はじめに

当ブログにお越しいただきありがとうございます。

ここでは、ロリポップのおすすめプランについてご説明させていただきます。

ロリポップのおすすめプランは「ライトプラン」と「ハイスピードプラン」です。

「ライトプラン」はブログに挑戦してみたい人におすすめです。

「ハイスピードプラン」はブログで本気で稼ぎたい人におすすめです。

また、ロリポップの特徴やメリット・デメリットもご紹介させていただくので、どうぞ最後までお付き合い下さい。

■本記事の内容

ロリポップのおすすめプラン

ロリポップのおすすめプラン「ライトプラン」と「ハイスピードプラン」です。

「ライトプラン」は、とりあえずブログに挑戦してみたい人におすすめです。

「ハイスピードプラン」はブログで本気で稼ぎたい人におすすめです。

ライトプランのおすすめ理由

ライトプランは月額220円~契約できるリーズナブルな料金プランです。

そのため、とりあえずブログに挑戦してみたい人は「ライトプラン」で試しにやってみるのがおすすめです。

挑戦してみて向いてない感じて辞めても料金的に大きく損する事はありません。

「ライトプラン」なら1ヶ月契約で550円なので、かなり安く本格的なブログに挑戦出来ます。

まず、ブログがどんなものか体験したい人は「ライトプラン」でお試し下さい。

ハイスピードプランがおすすめな人

「ハイスピードプラン」がおすすめな人は、ブログで本気で稼ぎたい人です。

ロリポップの「ハイスピードプラン」は速度が非常に速く、SEO的にも有利です。

逆に速度が遅いと、それだけでGoogleの評価を得られないので検索上位に表示されにくくなってしまいます。

なので、ブログで稼ぐなら速度は速くないといけません。

また、「ハイスピードプラン」なら万が一の際のバックアップ機能も備えているので安心です。

ブログで本気で稼ぎたい人は、「ハイスピードプラン」が一番おすすめです。

ロリポップの特徴

ロリポップ!は、「GMOペパボ」が運営しているレンタルサーバーです。

月220円から利用出来る安い料金が一番の魅力で、国内で200万サイト以上利用されています。

また、単に安さだけが人気の秘密ではなく、安いけど必要最低限の機能・性能を備えています。

さらに、10日間の無料お試し期間があり、その期間中に管理画面などの使い勝手を確認する事が出来ます。

■ロリポップ評判は以下の記事を参考にして下さい。

【2024年版】ロリポップ!の悪い評判・良い評判!メリット・デメリットも解説!
ロリポップって実際どうなの?悪い評判と良い評判の口コミをまとめました。さらに、評判から考えられるメリット・デメリットも詳しく解説致します。ロリポップを検討中の人は、ぜひ参考にして下さい。

ロリポップのスペック

ロリポップ!のサーバーは、UNIX系OSの共用サーバーで、サーバーソフトウェアは「Apache2.4.x」を使用しています。

また、「LiteSpeed Cache」機能を搭載してるので、ブログやWEBサイトの表示速度が速く、Googleのスコア改善につなげる事も可能です。

さらに、「ロリポップ!アクセラレータ」を利用する事でさらなる高速化をはかる事が出来ます。

これは、WEBサイトのデータをキャッシュサーバーに一時保管することで表示速度を改善させるという機能ですが、20倍以上のパフォーマンスを改善をさせる事が出来ます。

もちろん、競合レンタルサーバーと同じように、「ワードプレス簡単インストール機能」「マルチドメイン利用」「無料独自SSL」など、基本機能はほとんど利用出来るので安心です。

■ロリポップでワードプレスを始める方法は以下の記事を参考にして下さい。

【2024年版】ロリポップでワードプレスを始める方法を画像付きで解説!
コスパ最強レンタルサーバー「ロリポップ」の登録方法とワードプレスにログインするまでを画像付きでわかりやすく解説してます。これからロリポップを契約しようと検討中の人はぜひご覧ください。

ロリポップの料金・機能

money

ロリポップの料金・機能についてご説明させていただきます。

ロリポップの料金プラン一覧

ロリポップの料金プランは下図をご覧ください。

金額は1ヶ月あたりの料金となっています。

契約期間 エコノミー ライト スタンダード ハイスピード エンタープライズ
1ヶ月 198円 550円 1,100円 1,430円 2,640円
3ヶ月 198円 495円 1,045円 1,320円 2,640円
6ヶ月 198円 462円 935円 1,210円 2,420円
12ヶ月 198円 418円 770円 990円 2,365円
24ヶ月 198円 352円 605円 935円 2,255円
36ヶ月 99円 220円 440円 550円 2,200円

エコノミープラン
専用メールアドレスを利用したい人向け(ワードプレス利用不可)。

■ライトプラン
とりあえずブログやWEBサイトを作ってみたいという人向け。

■スタンダードプラン
趣味以上、ビジネス未満のWEBサイトやブログを構築したい人向け。

■ハイスピードプラン
ブログやWEBサイトで本気で稼ぎたい人向け。

■エンタープライズプラン
大規模サイトや法人向け。

料金プラン毎の性能の違い

次に、プラン毎の性能の違いについて表にまとめたので、下表をご覧ください。

機能 エコノミー ライト スタンダード ハイスピード エンタープライズ
ストレージ容量 100GB 200GB 300GB 400GB 1.2TB
転送量 無制限 無制限 無制限 無制限 無制限
ドメインずっと無料 × × × 2個 2個
独自ドメイン 50個 100個 200個 無制限 無制限
無料独自SSL
ワードプレス ×
MySQL × 1個 5個 無制限 無制限
LiteSpeed × × ×
LiteSpeed Cache × × ×
自動バックアップ × × ×
電話サポート × ×

■ストレージ容量
ストレージ容量とは、ブログやWEBサイトを構築するためのデータ量の事を言います。高ければ高いほど多くのデータを保存する事が出来ますが、テキストメインのブログであれば10GBもあれば余裕です。

■転送量
ブログやWEBサイトにアクセスされた時に、訪問者のPCやスマホなどに送信される1秒あたりのデータの総量の事を言います。転送量が多ければ多いほど通信が速く快適にサイトを閲覧する事が出来ます。

■ドメインずっと無料
ロリポップを12ヶ月以上で契約・自動更新している方は、独自ドメインの新規取得・更新が無料になります。

■独自ドメイン
ドメイン事業者(お名前.comなど)で取得したドメインを何個設定出来るかを表しています。

■無料独自SSL
SSlとは「Secure Sockets Layer(セキュア・ソケット・レイヤー)」の頭文字を取ったもので、インターネット上で暗号通信をするための仕組みの事を言います。「無料独自SSL」とは、無料で利用できるSSLがあるかどうかを言っています。(安全な通信を確保するためにSSLは必ず設定した方いいです。)

■ワードプレス
ワードプレスはWEBサイトやブログを構築するためのツールです。そのワードプレスが利用出来るかどうかを意味しています。

■MySQL
オープンソースのデータベース管理システムの事を言います。データベースとは、データを簡単に編集できるようにまとめて構造化したものです。例えば、ワードプレスを利用するためには「MySQL」が必ず必要です。その「MySQL」というデータベースシステムが何個までインストール出来るかを意味しています。

■LiteSpeed
「LiteSpeed」を簡単に説明すると、ワードプレスを高速化できるかどうかを意味しています。

■LiteSpeed Cache
LiteSpeedサーバー上で利用できるキャッシュ機能で、これを使うとさらにワードプレスが速くなります。

■自動バックアップ
WEBサイトやブログのデータを毎日自動でバックアップするかどうかを表しています。バックアップ機能があれば万が一データが消えても簡単に復元できるので安心です。

■電話サポート
電話サポートに対応しているかどうかを意味します。

ロリポップの全プラン共通機能

ここからは、ロリポップ全プランで利用できる共通機能をご紹介します。

1:WAF(WEBアプリケーションファイヤーウォール)
WEBアプリケーションの脆弱性を悪用した攻撃からWEBサイトを守るためのセキュリティシステムです。

2:ワードプレス簡単インストール
ワードプレスを簡単にインストール出来る機能です。(ワードプレス非対応のエコノミープランは利用不可)

ロリポップの支払い方法

次に、ロリポップの支払い方法についてご説明させていただきます。

1:クレジットカード決済

2:コンビニ決済

3:銀行振込

4:ゆうちょ振替

5:おさいぽ!決済

以上の支払い方法に対応しています。

ロリポップのメリット

ロリポップのメリットは、信頼と実績があるレンタルサーバーを安い料金で契約出来る事と、初心者でも使いやすい管理画面という事です。

ロリポップを運営しているのは上場企業である「GMOペパボ」です。

そして、200万サイト以上で利用されている実績があり、信頼性も非常に高いです。

また、220円~という料金設定はとてもリーズナブルでコストパフォーマンスに優れており、十分なサーバー性能も確保されています。

ロリポップなら、競合他社と比較して同等クラスのサーバーが安く借りられます。

とにかくブログに挑戦してみたい人は、非常に安く契約できる「ライトプラン」がおすすめです。

※「ロリポップ!」には10日間の無料お試し期間があります。その期間中に管理画面が使いやすいかなど確認する事が出来ます。

ロリポップのデメリット

デメリット

ロリポップのデメリットは、他社と比較すると速度が遅かったり、安定性が低いところです。

速度なら「ConoHa WING」、安定性なら「エックスサーバー」

この2社と比較してしまうと、速度、安定性は劣ってしまいます。

そして、料金に関しても「ハイスピードプラン」の場合だと「エックスサーバー」や「ConoHa WING」の料金と大差ありません。

それだったら「エックスサーバー」や「ConoHa WING」を契約した方が良いのでは?と思ってしまいます。

正直、ロリポップの良い所は「ハイスピードプラン」以下のプランだったら安く契約出来るという点なので、ブログで稼ぎたいなら「エックスサーバー」か「ConoHa WING」も検討した方がいいです。

■エックスサーバーとConoHa WINGの評判の以下の記事より

【2024年版】エックスサーバーの悪い評判・良い評判!メリット・デメリットもご紹介!
エックスサーバーって実際どうなの?悪い評判と良い評判を実際の口コミからまとめました。エックスサーバーが気になるけど実際の評判が気になる人は要チェックです。
【2024年版】ConoHa WINGの良い評判・悪い評判!メリット・デメリットも解説!
国内最速を謳う「ConoHa WING(コノハウィング)」の悪い評判・良い評判の口コミをまとめました。また、ConoHa WINGがおすすめ人もわかりやすく解説。いま検討中の人は必見の内容です。
【2024年版】エックスサーバーとConoHa WINGを徹底比較!
国内で2強と言われてる「エックスサーバー」と「ConoHa WING」のサーバースペック、料金、サービスなどを徹底的に比較してます。ここを読めば違いやどっちが自分に合っているかがわかります。検討中の人は必見の内容です。

ロリポップがおすすめな人

OK

ロリポップがおすすめな人は、とりあえずブログに挑戦してみたいと感じてる人や、レンタルサーバー費用を安く抑えたいと考えている人です。

ロリポップは、月額220円からワードプレスを始められる「ライトプラン」という環境があります。

「ライトプラン」を利用してブログを構築すれば他社と比較して大幅に費用を抑える事が可能です。

そのため、リーズナブルにブログに挑戦する事が出来ます。

ブログに興味あって、試しにやってみたいと考えている人にぴったりと言える環境です。

ブログに挑戦してみたい人は、ロリポップで始めてみてはどうでしょうか?

ロリポップによくある質問

FAQ

ここからは、ロリポップによくある質問を5つご紹介させていただきます。

Q1:なぜそんなに安いのですか?

A:ハードウェアなどの低価格化により、安価でのサービス提供が可能となっています。安いからサービス内容が悪いわけではないので安心して下さい。

Q2:未成年の申込は出来ますか?

A:出来ます。ただし保護者の許可が必要です。

Q3:無料お試し期間について教えて下さい。

A:無料お試し期間は10日間です。その間は本契約と同じように利用できます。ただし、無料期間中に入金が無い場合は自動的に契約終了となります。

Q4:申込と同時に独自ドメインの設定は出来ますか?

A:出来ません。申込完了後にユーザー専用ページから設定が必要です。ただし、姉妹サービスの「ムームードメイン」での独自ドメイン設定は出来ます。

Q5:プラン変更は出来ますか?

A:現在の契約状況により異なります。詳しくは公式サイトでご確認下さい。

まとめ

まとめ

ロリポップは、初心者から上級者まで満足できる多様な料金プランを提供しています。

ブログに挑戦してみたい人は「ライトプラン」がおすすめで、ブログで稼ぎたい人は「ハイスピードプラン」がおすすめです。

「ハイスピードプラン」以上のプランであれば全ての機能において満足できる内容となっています。

料金も他社と比較するとリーズナブルな設定なので、サーバー代金を抑える事が出来ます。

ロリポップは、少しでも料金を抑えてレンタルサーバーを使いたい人におすすめです。