【2024年版】エックスサーバーとConoHa WINGを徹底比較!

エックスサーバーとコノハウィング比較アイキャッチ レンタルサーバー

※当ブログはアフィリエイト広告を利用しています。

スザク

ブログ歴10年。これまでに多くの失敗と挫折を味わい、現在はプロブロガーとして活動中。これまでの経験を活かし、ブログやレンタルサーバーの情報を発信しています。
是非、ご参考下さい。

スザクをフォローする

はじめに

当ブログにお越しいただきありがとうございます。

ここでは、「エックスサーバー」と「ConoHa WING(コノハウィング)」について徹底比較させていただきます。

結論から言うと、どちらも高機能で高性能なサーバーを提供しており、サービス内容などにも大きな差はありません。

信頼性、安定性を重要視するなら「エックスサーバー」がおすすめで、速度を取るなら「ConoHa WING」がおすすめです。

それでは、早速本題に入っていきたいと思います。

■本記事の内容

両社の特徴について

ではまず、「エックスサーバー」と「ConoHa WING」両社の特徴について簡単にご紹介させていただきます。

どちらも非常に素晴らしい実績を誇る会社です。

では、ご紹介させていただきますので、よろしくお願いいたします。

エックスサーバーの特徴

エックスサーバーは、国内シェアNo.1のレンタルサーバーです。

2004年にスタートした老舗ブランドで、創業時から大きなトラブルなく運営されている信頼と実績のレンタルサーバーです。

サーバー性能が高いので安定しており、大量アクセスにも強く、ほぼ弱点がないレンタルサーバーです。

また、サポート体制も良い評判が多く、本当に弱点が少ないレンタルサーバーと言えます。

国内で一番有名で、一番利用者が多いレンタルサーバーと言えます。

■エックスサーバーの評判は以下の記事をご参考下さい。

【2024年版】エックスサーバーの悪い評判・良い評判!メリット・デメリットもご紹介!
エックスサーバーって実際どうなの?悪い評判と良い評判を実際の口コミからまとめました。エックスサーバーが気になるけど実際の評判が気になる人は要チェックです。

■エックスサーバーでワードプレスを始める方法は以下の記事を参考にして下さい。

【2024年版】エックスサーバーでワードプレスを始める方法を画像付きで解説!
エックスサーバーの登録方法から、ワードプレスにログインするまでを丁寧に画像付きで解説します。エックスサーバーでブログを始めたい人はぜひご覧ください。

ConoHa WINGの特徴

「ConoHa WING(コノハウィング)」は「GMOインターネット株式会社」が運営しているレンタルサーバーで、高機能でシンプル、国内最速のレンタルサーバーです。

運営実績はエックスサーバーほど長くはありませんが、サイト表示速度の速さとシンプルで使いやすい管理画面、料金面で高い支持を受けており、国内のブロガーに人気のレンタルサーバーです。

エックスサーバー同様に、評判が高く、弱点が少ないレンタルサーバーと言えます。

■ConoHa WINGの評判は以下の記事をご参考下さい。

【2024年版】ConoHa WINGの良い評判・悪い評判!メリット・デメリットも解説!
国内最速を謳う「ConoHa WING(コノハウィング)」の悪い評判・良い評判の口コミをまとめました。また、ConoHa WINGがおすすめ人もわかりやすく解説。いま検討中の人は必見の内容です。

■ConoHa WINGでワードプレスを始める方法は以下の記事を参考にして下さい。

【2024年版】ConoHa WINGでワードプレスを始める方法を画像付きで解説!
国内最速サーバー「ConoHa WING」の登録方法とワードプレスにログインするまでを画像付きでわかりやすく解説します。ConoHa WINGでブログを始めたい人はぜひご覧ください。

料金の比較

money

ここからは、「エックスサーバー」と「ConoHa WING」の料金について比較します。

比較するプランは、一番利用者が多いプランで行い、1ヶ月あたりの金額で比較します。

エックスサーバーは「スタンダード」

ConoHa WINGは「WINGパック ベーシック」

この2つのプランの比較を行います。

料金比較表

契約期間 スタンダード WINGパック ベーシック
3ヶ月 1,320円 1,331円
6ヶ月 1,210円 1,210円
12ヶ月 1,100円 971円
24ヶ月 1,045円 842円
36ヶ月 990円 660円

料金は「エックスサーバー」「ConoHa WING」どちらも契約期間が長くなるほど1ヶ月あたりの料金が安くなるシステムを採用しています。

6ヶ月契約までの料金はどちらもほとんど大差ありませんが、12ヶ月以上の期間で契約すると「ConoHa WING」の方が料金が安く契約出来ます。

料金面で比較すると「ConoHa WING」に軍配が上がります。

しかし、料金は「エックスサーバー」「ConoHa WING」どちらも割引キャンペーンを頻繁に行っており、契約するタイミングによっては「エックスサーバー」が安くなるタイミングがあります。

そのため、一概に「ConoHa WING」が絶対的に優位というわけではありません。

各社のキャンペーンを確認する事も大事です。

また、「ConoHa WING」の料金は、初回割引適用された料金のため更新時に大幅に上がります。

長い目で見れば「エックスサーバー」の方がお得です。

※ちなみに、両社ともに初期費用は発生しません。

■エックスサーバーのおすすめプランは以下の記事を参考にして下さい。

【2024年版】エックスサーバーのおすすめプランをわかりやすく解説!
「エックスサーバー」のおすすめプランは「スタンダードプラン」です。スタンダードプランならブログを始めるために必要な全ての機能が整っています。エックスサーバーなら高機能、高性能な環境で存分にブログに挑戦する事が出来ます。

■ConoHa WINGのおすすめプランは以下の記事を参考にして下さい。

【2024年版】ConoHa WINGのおすすめプランをわかりやすく解説!
ConoHa WINGのおすすめプランは「ベーシックプラン」です。ベーシックプランならブログを始めるために必要な機能が全て整っています。ConoHa WINGなら高機能・高性能な環境で快適にブログを始められます。

無料お試し期間の比較

つぎに、無料お試し期間の有無について「エックスサーバー」と「ConoHa WING」を比較します。

エックスサーバー ConoHa WING
無料期間 有り(10日間) 無し

無料お試し期間については「エックスサーバー」に軍配があがります。

「エックスサーバー」は10日間の無料お試し期間が設けられており、その期間中に管理画面の使いやすさ、ワードプレスなどのプログラムが簡単に設置出来るか、設置後の動作が満足いくものかどうか等を確認する事が出来ます。

逆に「ConoHa WING」は無料期間がないので試す事は出来ません。

しかし、口コミや公式サイトの「よくある質問」などから”使える機能”や”使いやすさ”を確認する事が出来ます。

サーバースペックの比較

では次に、サーバースペックについて比較を行います。

レンタルサーバーを選ぶ際に料金も大事ですが、サーバースペックはもっと大事です。

ディスク容量や、vCPU、メモリ、帯域幅など自分のニーズに合っているか確認する事はとても重要です。

では、「エックスサーバー」と「ConoHa WING」のサーバースペックを比較してみましょう。

サーバースペック比較表

比較するプランは料金比較を行ったプランです。

「エックスサーバー」は「スタンダード」プラン。

「ConoHa WING」は「WINGパック ベーシック」です。

項目 エックスサーバー ConoHa WING
サーバーソフト Nginx Apache+Nginx
ディスク種類 SSD/RAID10 SSD/RAID10
ディスク容量 300GB 300GB
帯域幅 無制限 無制限
vCPU 6コア 6コア
メモリ 8GB 8GB
稼働率 99.99% 99.99%

サーバースペックについては、「エックスサーバー」「ConoHa WING」両社ともほとんど変わりません。

唯一変わるのが「サーバーソフト」です。

「エックスサーバー」は「Nginx」のみなのに対して、「ConoHa WING」は「Apache+Nginx」となっています。

どちらのサーバーソフトウェアが優れているというわけではないですが、「Nginx」は両社同じで、さらに「Apache」も導入している「ConoHa WING」に軍配が上がります。

Nginxとは

「Nginx(エンジンエックス)」は、サーバーソフトウェアの事を言います。

サーバーとは、インターネット上で文章や画像を保管したり、プログラムの読取や処理、コンテンツを提供してくれるパソコン(コンピューター)の事を言います。

「Nginx」は、とても優秀なソフトウェアで多くのリクエストを素早く処理し、高負荷下でもメモリを抑えて処理する事が出来ます。

そのため、大量にアクセスがあるウェブサイトやブログでも、メモリを抑えながらも高速かつ正確に各プロセスを処理することが出来ます。

「Nginx」はオープンソースソフトウェアであり、広く普及しています。ウェブサイトやWebアプリケーションのパフォーマンスや信頼性を向上させるために、多くの企業や組織がNginxを利用しています。

Apacheとは

「Apache(アパッチ)」も「Nginx(エンジンエックス)」と同じで、サーバーソフトウェアです。

「Apache」は非常に長い歴史を持つサーバーソフトウェアで、世界的に利用されているソフトウェアの1つです。

こちらのソフトウェアも非常に優秀で、安定性と処理能力が高く、機能の追加が容易に出来るという特徴があります。

ただ、同時処理数が増えるとメモリ消費率が高くなるのが弱点と言えます。

しかし、動画コンテンツの処理は「Nginx」より優れています。

機能やサービスの比較

つぎに、「エックスサーバー」と「ConoHa WING」の機能やサービスについて比較を行います。

ワードプレス簡単インストール機能や、独自SSLなど、両者が提供している機能面について比較を行います。

機能・サービス比較表

比較するプランは料金比較を行ったプランです。

「エックスサーバー」は「スタンダード」プラン。

「ConoHa WING」は「WINGパック ベーシック」です。

項目 エックスサーバー ConoHa WING
ワードプレス簡単インストール
マルチドメイン 無制限 無制限
無料独自SSL
セキュリティ WAF WAF
自動バックアップ 〇(14日間) 〇(14日間)
MySQL 無制限 無制限
独自ドメイン 1個 最大2個

機能面でも「エックスサーバー」と「ConoHa WING」はほとんど大差ないです。

唯一変わるのは、「独自ドメイン」ですが、これに関しては差がないと言ってもいいでしょう。

と言うのも、ドメインを複数取得したいならドメイン取得業者(お名前.com等)などでいくらでも取得出来ますし、そちらで取得した方が安いからです。

また、「お名前.com」などで取得したドメインの方が柔軟性があり、ドメイン移管などにも対応しています。

なので、独自ドメインの取得はドメイン取得業者がおすすめです。

それ以外の機能面では大差ありません。

機能面の比較は、両社引き分けと言えます。

サポート体制の比較

つぎに、両社のサポート体制について比較します。

サポート体制の比較表

項目 エックスサーバー ConoHa WING
電話サポート 平日10:00~18:00 平日10:00~18:00
チャットサポート 平日10:00~18:00 平日10:00~18:00
メールサポート 24時間365日 24時間365日

サポート体制については「エックスサーバー」「ConoHa WING」ともに同じ条件です。

こちらも両社引き分けと言えます。

両社のメリット・デメリット

では、ここからは両社のメリット・デメリットについてご説明させていただきます。

どうぞよろしくお願いいたします。

エックスサーバーのメリット

「エックスサーバー」のメリットは、信頼性と安定性の高さです。

また、国内シェア率No.1なのでトラブル時もネット検索すれば解決策がすぐみつかります。

さらに、サポート体制が優れており、メールに対する返信速度は異常に速いです。

そもそも安定性が高いのでトラブルが発生する事は少ないですが、万が一のトラブル時の体制も万全です。

さらに、10日間の無料お試し期間があるので、本契約するまでに色々試せるのは嬉しいポイントです。

あと、「エックスサーバー」では最新のサーバーに無料で乗り換えが出来るので、常に最新技術が搭載されたサーバーを利用する事が出来ます。それにより読み込み速度、処理速度などが向上され、より良い環境で作業が出来るようになります。

高機能、高性能で絶対的な安定感があるレンタルサーバーをお探しなら迷わず「エックスサーバー」です。

エックスサーバーのデメリット

「エックスサーバー」のデメリットは、料金、管理画面の複雑さ、プラン変更についてです。

「エックスサーバー」は、国内に数ある他社のレンタルサーバーと比較して料金は高い方です。

あと、管理画面が「ConoHa WING」と比較し複雑です。(使い慣れれば問題ではないです。)

あと、料金プランが月単位でしか変更できません。

大きなデメリットとは言えませんが、上記3項目がデメリットと言えます。

しかし、料金面でいえばキャンペーンなどを活用する事で安く契約出来る期間などありますし、管理画面は無料お試し期間で使いやすさを確認する事ができ、使い慣れれば問題ではないです。

また、料金プランの変更に関しては、よっぽど変更する事ないと思うので問題ないです。

ConoHa WINGのメリット

「ConoHa WING」のメリットは、料金、速度、管理画面の使いやすさです。

「ConoHa WING」の転送速度は国内最速と言われており、実際にかなり速いです。

また、管理画面が非常にシンプルに構築されているので、初心者でも直観的に操作出来ます。

料金面については、初回は安いけど更新料金は定価なので要注意です。

初回割引適用で12ヶ月契約すると、初回はざっくり12,000円です。

ただし、更新時は定価なので17,700円程度になります。

それを踏まえると「安い」とまではいかないと思います。

以上が「ConoHa WING」のメリットです。

ConoHa WINGのデメリット

「ConoHa WING」のデメリットは、無料お試し期間が無いこと、サーバー障害が多い事、サポートがあまりよくない事です。

「ConoHa WING」では、「エックスサーバー」のように無料お試し期間がありません。そのため最初から本契約を結ぶのでやっぱり辞めたい、というのが難しいです。

また、「エックスサーバー」と比較してサーバー障害が多いです。とは言っても常識の範囲内でのトラブルなので問題ありません。

レンタルサーバーはどの業者もトラブルはありますし、「ConoHa WING」が他社と比較してめちゃくちゃ多いってわけではありません。あくまで「エックスサーバー」と比較してです。

あと、サポート体制も「エックスサーバー」ほど高くない印象があります。

ただ、電話サポートの場合、電話に出たオペレータにより良し悪しが変わります。

「ConoHa WING」のサポート体制がめちゃくちゃ悪いわけではなく、「エックスサーバー」と比較した場合です。

あとは、更新料金が高いところが難点です。

上記内容が「ConoHa WING」のデメリットと言えます。

エックスサーバーがおすすめな人

これまでの比較結果を基に、「エックスサーバー」がおすすめな人をご紹介させていただきます。

「エックスサーバー」がおすすめな人は、信頼と実績があり安定したレンタルサーバーを求めている人です。

「エックスサーバー」は日本一安定しているサーバーです。

また、安定感だけでなく、非常に高機能で高性能なサーバーです。

高機能、高性能ながらも非常に安定しており、優れたサポート体制を整えています。こんな優れたレンタルサーバーを利用したいという方に自信を持っておすすめ出来るレンタルサーバーとなっています。

ConoHa WINGがおすすめな人

「ConoHa WING」がおすすめな人は、高機能・高性能で高速なサーバーを利用したい人です。

「Conoha WING」はとにかく速いです。

また、時間単位での契約も出来るので、短期間のみ利用したい人にもおすすめです。

レンタルサーバーを選ぶ際によくある質問

ここからは、レンタルサーバーを選ぶ時によくある質問についてQ&A形式でご説明させていただきます。

Q1:レンタルサーバーのディスク容量はどれくらい必要ですか?

A1:運用されるウェブサイトやブログのジャンル(内容)により異なります。

テキストと画像がメインのブログ→10GBあれば余裕です。

動画コンテンツメイン→100GB以上は必要です。

Q2:レンタルサーバーの帯域幅とは何ですか?

A2:帯域幅とは、1秒間に送信できるデータ転送量の事です。

帯域幅は、高速道路と一般道でよく例えられています。高速道路は多くの車が高速で移動でき、一般道は少ない車が低速で移動しています。また、一般道は車が込み合うとすぐに渋滞してしまい動けなくなります。

帯域幅が広いと大量アクセスに強く、狭いと少ないアクセスでもフリーズなどしてしまう場合があります。

Q3:レンタルサーバーの契約期間におすすめはありますか?

A3:初めてレンタルサーバーを契約する際には、短い期間を選んで契約することをおすすめします。

その理由は、長期間にわたってレンタルサーバーを利用するかどうかわからないからです。

とくに初めてブログやウェブサイトを開設する人は、1年以上継続できるかわかならないと思います。今はやる気でも、すぐに辞めてしまう可能性があります。

まずは短期間続けてみて、出来そうなら割安の長期契約に切り替えるといいでしょう。

【初心者向け】正しいレンタルサーバーの契約期間の決め方!
ブログ初心者が初めてレンタルサーバーを契約する際の正しい契約期間について詳しく解説いたします。結論から言うと正しい契約期間は3ヶ月です。その理由についてわかりやすく解説いたします。
Q4:SSLとは何ですか?

A4:SSLとは「Secure Sockets Layer(セキュア・ソケット・レイヤー)」の頭文字をとったものです。

ウェブサイトやブログのセキュリティで、暗号化通信のプロトコルです。

ウェブサイトのURLが「https」で表記されているウェブサイトは、SSLが適用された安全なサイトです。

Q5:レンタルサーバーの料金について教えて下さい

A5:レンタルサーバー業者により異なります。

レンタルサーバーの料金は業者により様々です。月100円~1,000円くらいまで幅があり、高ければ高いほど高機能で充実したサービスを提供しています。

まとめ

まとめ

「エックスサーバー」と「ConoHa WING」では、どちらも高機能サーバーを提供しており、機能的な大きな違いはありません。

しかし、安定性や信頼性では「エックスサーバー」が高く、速度では「ConoHa WING」が優れています。

結果、高い安定性や信頼性を取るなら「エックスサーバー」がおすすめで、速度を取るなら「ConoHa WING」がおすすめです。

どちらも自信を持っておすすめ出来るレンタルサーバーに間違いはありません。

それでは、最後までお付き合いいただきありがとうございました。